昔のアメリカ人は何を食べていた? 過去100年間の食卓を再現してみた結果


画像出典:youtube


アメリカの一般家庭の晩ご飯の100年間に亘る変遷を再現した動画が話題になっています。

動画では1915年から2015年までが、10年毎に区切られて再現されています。1915~1945年は肉がメインながらも概ね家庭的と言えるプレートですが、1955年にはTVディナーと呼ばれるインスタント食品が登場しています。その後はタコスや寿司など、様々な国の料理めまぐるしく食卓に登ります。多民族国家で様々な国の文化が混ざったアメリカならではの食文化が垣間見えますね。

 
VICUL編集部

VICUL編集部

VICUL(バイカル)編集部です。話題のニュースを毎日お届けしています。

この記事への反応

「この記事への反応」欄の詳細に関しては詳細ページをご覧ください。

関連記事