世界の人々はSNSで「笑い」をどう表現するのか 日本の「www」に当たる言葉を集めてみた

笑い声は文字では表現できないため、ネット上でのやりとりだと国独自の文化で笑いが表現されています。日本では「(笑)」や「www」が使われていますね。

「w」は元々ネットゲームの用語で、日本語が使えないゲームで「(笑)」を「(warai」と表現し、それが徐々に短くなっていき最後には「w」だけになったというエピソードがあります。

他国の「(笑)」にはどんなエピソードがあるのか見ていきましょう。

アメリカの表現

そのまま日本語読みしても笑ってるとわかりますね。「lol(Laughing Out Loud)」という表現もよく見かけます。

タイの表現

「5」は「ห้า」とも書き「ハー」と発音するので「5」を連ねると笑ってる表現になるらしいです。

アラビア語での表現

可愛らしい字体です。他と同じく「hahaha」と同じ発音みたいです。

 
VICUL編集部

VICUL編集部

VICUL(バイカル)編集部です。話題のニュースを毎日お届けしています。

この記事への反応

「この記事への反応」欄の詳細に関しては詳細ページをご覧ください。

関連記事