日本は何位? 世界各国の1週間の労働時間を比較してみた

※年代やデータの取り方によって実際の状況と違いがでる可能性があります。
参考程度にお楽しみください。

労働時間が一番少ないのはデンマーク(36ヶ国中)

一週間で平均38.3時間だそうです。(週休二日)
年次有給休暇が5~6週間あるところが多く、子供を持つ家庭は一緒に夏休みを楽しむ事が多いようです。

他国の労働時間(一週間平均)

(2位)オランダ: 39.1時間

(3位)ノルウェー: 39.1時間

(4位)ニュージーランド: 39.2時間

(5位)リトアニア: 39.5時間

(6位)スウェーデン: 39.7時間

(7位)フィンランド: 40時間

(8位)ルーマニア: 40.4時間

(9位)フランス: 40.5時間

(10位)ラトビア: 40.5時間

(11位)ハンガリー: 40.7時間

(12位)エストニア: 40.7時間

(13位)ドイツ: 40.8時間

(14位)アイルランド: 40.8時間

(15位)ルクセンブルク: 40.8時間

(16位)ベルギー: 40.9時間

(17位)イタリア: 41時間

(18位)ブルガリア: 41.2時間

(19位)クロアチア: 41.2時間

(20位)マルタ: 41.3時間

(21位)スペイン: 41.3時間

(22位)オーストラリア: 42.6時間

(23位)イギリス: 42.7時間

(24位)ポルトガル: 42.7時間

(25位)アメリカ: 43時間

(26位)ポルトガル: 43.5時間

(27位)アイスランド: 44.4時間

気になる日本の順位は次ページで!

 
VICUL編集部

VICUL編集部

VICUL(バイカル)編集部です。話題のニュースを毎日お届けしています。

この記事への反応

「この記事への反応」欄の詳細に関しては詳細ページをご覧ください。

関連記事