15歳から90歳まで ピカソが描いた自画像を年代別に並べてみた

画家は自画像を描く事が多いですが、自画像って画家としての個性がそのまま反映される事が多いように思えます。

若い頃から描き続けていたとしたら、見返してみるとその人となりが見えてくるかもしれません。

という事で、今回は天才画家のパブロ・ピカソの年代別にまとめた自画像を見てピカソがどういった人生を歩んだのか、理解を深めてみましょう。

15歳の時に描いたもの(1896年)

18歳

20歳

24歳

25歳

35歳

 
VICUL編集部

VICUL編集部

VICUL(バイカル)編集部です。話題のニュースを毎日お届けしています。

この記事への反応

「この記事への反応」欄の詳細に関しては詳細ページをご覧ください。

関連記事