【閲覧注意】ディズニー映画『ズートピア』の目を疑う現実・・・

今回は、先月公開されたばかりのディズニー映画「ズートピア」の現実をご紹介いたします。


画像出典:youtube

ディズニー・ファンの方の閲覧は自己責任でお願いします。

ストーリー

田舎町バニーバロウに暮らす9歳の少女ジュディ・ホップスは、「よりよい世界を作るため」とウサギ初の警察官を目指していたが、両親からはウサギはニンジン作りをすべきと諦めるよう促され、ガキ大将でキツネのギデオン・グレイにもいじめられる。しかし15年後、彼女は警察学校を首席で卒業し、憧れの大都会・ズートピアで警察官として働くことになる。ズートピア市長のレオドア・ライオンハートと副市長のドーン・ベルウェザーもこれを祝し、彼女を中心部を管轄する分署に配属する。

出典:wikipedia

・・・と長々とストーリーの序盤を読んでいただきましたが、
ストーリーを知らなくても一瞬で分かる現実が次のページに!

本当に覚悟ができた方のみ、見てください。

 
k1990

k1990

Kです。 みなさんの楽しめるような記事を作っていきます! よろしくお願いします。

この記事への反応

「この記事への反応」欄の詳細に関しては詳細ページをご覧ください。

関連記事