【絶望】試される大地「北海道」とかいうクッッッッソ闇が深い地域

今回は、北海道という地域の深すぎる闇に迫ります!
「試される大地」とは言うものの、実際どんなところなんでしょうか?

それではご覧ください!

北海道(ほっかいどう)は、日本の北部に位置する島である。また、同島および付随する島を管轄する地方公共団体(道)である。
島としての北海道は、日本列島を構成する主要4島の一つである。
地方公共団体としての北海道は、47都道府県中、唯一の「道」で、道庁所在地は札幌市である。
北海道本島は面積77,984.15 km2、日本の島の中では本州に次ぐ第2位の面積で、世界の島の中ではアイルランド島に次ぐ第21位の面積を持ち、樺太(同第23位)よりやや大きく、台湾島35,980km2の約2倍の大きさである。
これは九州と四国を合わせた面積55,050.77km2を上回る。

クマ出没地帯

三毛別熊事件

三毛別羆事件とは、1915年(大正4年)12月9日 – 12月14日にかけて、北海道苫前郡苫前村(現:苫前町)三毛別(現:三渓)六線沢で発生した、クマの獣害としては記録的な被害を出した事件。
六線沢熊害事件、苫前羆事件、苫前三毛別事件とも呼ばれる。
エゾヒグマが数度にわたり民家を襲い、開拓民7名が亡くなり、3名が重傷を負った。

詳細はこちら・三毛別熊事件

他にも…
石狩沼田幌新事件

石狩沼田幌新事件とは、大正12年(1923年)8月21日の深夜から8月24日にかけて、北海道雨竜郡沼田町の幌新地区で発生した、記録されたものとしては日本史上2番目に大きな被害を出した獣害事件。
ヒグマが開拓民の一家や駆除に出向いた猟師を襲い、4名が亡くなり、3名の重傷者を出した。

札幌丘珠事件

札幌丘珠事件とは、1878年(明治11年)1月11日から1月18日にかけて北海道石狩国札幌郡札幌村大字丘珠村(現:札幌市東区丘珠町)で発生した、
記録されたものとしては日本史上4番目に大きな被害を出した獣害事件。
冬眠から理不尽な形で目を覚まされたヒグマが猟師や開拓民の夫婦を襲い、3名が亡くなり、重傷者2名を出した。

野生動物の出現

長すぎる道



オロロンライン

天塩過ぎると抜海(稚内)までの途中50kmは稚咲内ぐらいしか集落すらない

 
k1990

k1990

Kです。 みなさんの楽しめるような記事を作っていきます! よろしくお願いします。

この記事への反応

「この記事への反応」欄の詳細に関しては詳細ページをご覧ください。

関連記事